特集/記事

【#15】1月12日(金)放送:死印

Top-image-sp

 

ゲーム好きの声優がトークするから、楽しいこと盛りだくさん!

 

人気声優の小野坂昌也さん・内田雄馬さんをパーソナリティーに迎え、いま旬のゲーム情報をバラエティ豊かに紹介する地上波ラジオ番組「PLAY TITAN presents 昌也・雄馬のG・A・P」!今回、ご紹介するゲームは「死印」。

 

来週、このページ最後にプレゼント企画&反省会動画を公開!

 

PS4『死印』とは?

Jホラーのようなじっとりした静かな“恐怖”を贈る“心霊ホラー” シリーズ第1弾

記憶と引き換えに刻まれた、“”へのカウントダを意味する謎の痣“シルシ”。
同じ宿命を背負った者ちが、微かな希望にすがり、生き残る術を見つけ出す為、
人知を超えた畏怖の存在“怪異”が潜む「戦慄の心霊スポット」を探索するホラーアドベンチャー。
追加エピソードも収録し、PlayStation 4で恐怖の物語が語られる。

◆STORY

東京都H市、この郊外都に最近奇妙な噂話が広っていた。
シルシ”を持つ者はぬ─

突如体にまるで噛れたような痣“シルシ”が刻まれ、
原因不明の死を遂げるというもだ。

事実この町では、人が謎の不審を遂げる怪奇事件が発生していた。
この事件は都市伝説的に、 どかで幽霊に遭遇したせいだ、
知らぬ間に呪い祟れるようなことをした、
などと様々憶測を元に広まっていた。

記憶を失ったあなは、“ シルシ”を持つ者を保護するという洋館の前にいた。
何かに引き寄せられる様洋館の扉を開くと、そこで美しい人形出会う。

「ようこそ、九条館へ ─ 」

続けて人形は語る。
「このまでは、明日の朝に、あなたはにます」
「ただ、助かる方法がない訳ではない」

” への カウントダはすでに始まっていた…

 

◆新システム-おもかげ

PS Vita版をプレイしたユーザからリクエストの多かった、イベントギャラリー機能を追加実装。
さらに、怪異との対峙イベントも、動作つきで見ることができます。

 

タイトル :死印
対応機種 :PlayStation®4
ジャンル
:都市伝説・心霊ホラーアドベンチャー
発売日 :2018年1月18日(木)
価格 【限定版】
:開封厳禁!呪われた限定版 7,800 円+税
【通常版】
:パッケージ版 5,800 円+税
:ダウンロード版 5,000 円+税
CERO :D

 

©EXPERIENCE

 

 

 

""、"PlayStation"、"PS4"、"PS3"、""、"PSP"、"nasne(ナスネ)"、"PocketStation"、""、""、"UMD"および"LIVEAREA"は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。