特集/記事

【#9】12月1日(金)放送:ネオ アンジェリーク 天使の涙

Top-image-sp

 

ゲーム好きの声優がトークするから、楽しいこと盛りだくさん!

 

人気声優の小野坂昌也さん・内田雄馬さんをパーソナリティーに迎え、いま旬のゲーム情報をバラエティ豊かに紹介する地上波ラジオ番組「PLAY TITAN presents 昌也・雄馬のG・A・P」!今回、ご紹介するゲームは「ネオ アンジェリーク 天使の涙」。

 

来週、このページ最後にプレゼント企画&反省会動画を公開!

 

『ネオ アンジェリーク 天使の涙』とは

 

女性向け恋愛ゲームのジャンルを確立させたコーエーテクモゲームスが展開するネオロマンスシリーズの第4弾
【ネオ アンジェリーク】シリーズの新作が9年ぶりにリリース!

 

前作から2年後の世界を描いた続編を、コーエーテクモゲームス×オトメイトのスペシャルタッグでお届け!【ネオ アンジェリーク】シリーズ10周年を記念したコラボレーション!

 

『ネオ アンジェリーク 天使の涙』の物語

 

この宇宙の創生期からの敵・エレボスとの戦いから二年の時が経った。

世界を救った主人公と仲間たちはそれぞれの道を歩んでいたが、
主人公のカルディナ大学進学をきっかけに再会を果たす。

その頃アルカディアでは、二つのある異変が起きていた。
一つは大陸全体の住民の数が急激に増え、村や街が活気に満ち溢れていること。
もう一つは、これまで知られていないモンスターによる被害が
大陸各地で報告されるようになったこと。

一見何の関連もないように思えたこの二つの異変が、
やがて宇宙全体に関わる大きな選択を
主人公に強いることになる。

新たな仲間が加わり、物語は再び動き出す。

主人公の下す決断は
宇宙を、そして愛する人の運命をどう変えるのか―

 

魅力的なキャラクターたち!

 

 

◇アンジェリーク(Angelique) CV.なし

清楚で可憐。礼儀正しく、責任感が強い。
見かけによらず度胸がある。

二年前、オーブハンターと共にエレボスを倒し世界を救ったが、
女王の座に就くことを辞退。母校のメルローズ女学院に戻り、
寄宿舎生活を再開していたが、大学進学を機に新しく住む部屋を探している。

「たとえ進む道が違ったとしても、
アルカディアを救いたいという思いはみんな同じはずです」

 

 

◇レイン(Rayne) CV.高橋広樹

人一倍探究心が強い、理論派の若き天才。
物事を分析的に捉えるが、情熱的な一面も持ち合わせている。

エレボスとの戦い後、兄・ヨルゴに代わってアーティファクト財団を支え、
専務理事に就任。確執のあったヨルゴとは和解している。

「あくまで専務理事だが、財団を背負う立場にある。
昔のように、自由気ままにはいられないんだ」

 

 

◇ニクス(Nyx) CV.大川透

洗練された上品な物腰の大人な男性。
エレボスの影響で非常に長生きをしていた為、内面は老獪(ろうかい)でしたたか。

二年前と変わらず慈善活動や復興支援を行い社会貢献をしている。
戦い後も陽だまり邸に住んでいたが、新しい屋敷を購入したよう。

「これは私が一生背負わなければいけない罪なのです。
あなたが気に病むことはありません」

 

 

◇ジェイド(J.D.) CV.小野坂昌也

周囲への気配りと思いやりに溢れた、心優しい性格。
他人の幸せを心から喜び、無益な殺生は好まない。

エレボスとの戦い後は、第二の故郷のコズに戻って小さな家を構え、
龍族の人々と暮らしている。

「薄情だって思うかな?
でも、これがみんなの幸せに繋がると俺は信じてるよ」

 

 

◇ヒュウガ(Hyuga) CV.小野大輔

責任感が強く、自他ともに厳しい性格。
近寄りがたい印象を持つが、恩義や礼節を大切にする。

二年前の戦いで破壊された会堂を修繕し、
信徒たちの相談を受けながら、教区司祭を務めている。

「そう貴女が決断したのならば、俺はそれに従おう。
貴女を支え、お守りすることが俺の信念だ」

 

 

◇ルネ(René) CV.山口勝平

精神は気高く、気性は苛烈。
責任感と使命感の強いセレスティア教団の教団長。

二年前は年齢が若すぎるという理由で自分が教団長であることを伏せていたが、
現在は人々の前に現れ、教え導く。

「教団長として振る舞っているボクは苦手かな?
ふふっ、安心して。キミの前ではありのままのボクでいるから」

 

 

◇ベルナール(Bernard) CV.平川大輔

陽気で快活、親しみやすい気さくな性格。
好奇心旺盛で、自分が興味を持ったものはどこまでも積極的に追う。

二年前より昇進したが、ウォードン・タイムズの記者として
引き続き第一線で活躍している。

「あんなに小さかった君がもう大学生か。こんなに綺麗になって、もう子供扱いはできないね」

 

 

◇マティアス(Mathias) CV.楠大典

厳格でありながらも温厚な性格。
セレスティア教団の教団長候補として聖都へ来た為、非常に優秀な聖職者。

主人公がセレスティア教団に訪れた際に出会うが、
なぜかいつも夜にしか会うことができない。

「そなたが来るのを待っています。今宵と同じ時間に、この場所で」

 

 

◇エレンフリート(Erenfried) CV.入野自由

幼さと残酷な面を併せ持つ、早熟の天才。
突出した才能を持つが、精神年齢は年相応の少年。

二年後の現在も、アーティファクト財団で研究を続けている。
生意気なところは変わらないが、少しだけ雰囲気が柔らかくなった。

「私の得た知識、必ずあなたの役に立ててみせます。
レイン博士に負けてはいられません」

 

 

◇ジェット(Jet) CV.中村悠一

寡黙で無表情、任務遂行を何よりも優先する青年。
他者とコミュニケーションをとることがほぼない。

二年経った今も主であるエレンフリートに付き従うが、
タナトスという戦うべき対象を失い、自分の存在意義が分からずにいる。

「故障だ。任務は完了したというのに、お前を守れという命令が消えない」

 

 

◇ロシュ(Roche) CV.木村良平

非常に軽い性格で、金と女が大好き。
仕事柄、人と話すことが多く、コミュニケーション能力は高い。

二年前と変わらずフリーランスの情報屋を続けているが、
自分でも記事を書くようになり、持ち込み記事が雑誌に載ることもしばしば。

「オレみたいないい加減な男の言うこと、いちいち真に受けてたら身が持たないぞ?」

 

 

◇カミーユ(Camille) CV.山下大輝

人懐こくてフレンドリー、甘え上手な少年。
新鮮なことや楽しいこと、面白いことに目がない。

街で偶然主人公と出会うが、なぜか主人公と似た容姿をしている。

「僕たちこんなにそっくりなんだ。本当に生き別れた双子なのかもしれないね」

 


彼との会話を楽しんだり、彼のために料理を作ることができます。

 

タイトル :ネオ アンジェリーク 天使の涙
対応機種 :PlayStation®Vita
発売日 :2017年12月7日(木) 発売予定
価格

:通常版:6,804円(税込)
:限定版:8,964円(税込)
:DL版:6,264円(税込)

ジャンル :女性向け恋愛ADV
プレイ人数 :1人
ブランド :オトメイト
CERO :B

 

(C)コーエーテクモゲームス キャラクター原案/由羅カイリ (C)2017 IDEA FACTORY
記載の商品名および社名は各社の登録商標です。

 

 

""、"PlayStation"、"PS4"、"PS3"、""、"PSP"、"nasne(ナスネ)"、"PocketStation"、""、""、"UMD"および"LIVEAREA"は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。